帰化申請の相談にいってきた?

帰化申請の相談は、帰化の面接の準備段階ぐらいに思うべきなんです。だって、重要な会話はすべて記録されるわけですから。帰化申請の相談は、法務局で行いますが、大半が行政書士さんと一緒に来ています。やはり、人生の重大な申請で、専門家の助言なしに進めるのは無謀というものです。
こういうところにきちんとお金をかけられるかどうかが、その人の価値観とか社会的階層をあんがい示していて、僕の友人でもきちんと行政書士さんに相談して依頼している人は比較的高学歴に思います。帰化申請の相談は、何度でも行うのです。"